【iPhoneアプリ】バッチリサイズ2で複数の写真/画像をまとめてリサイズ

iPhoneで撮影した写真は、画像サイズが大きくファイルサイズも大きくなりがち。SNSに投稿したり、ブログで使用したりするにはそのままのサイズだとちょっと使いにくかったりする。

そこで、便利なのが、写真や画像をiPhone上でリサイズしてくれるアプリだ。

いろいろ使って試してみたが個人的に「バッチリサイズ2」というアプリが一番使いやすかったので紹介する。

バッチリサイズ2 - 複数の写真/画像をまとめてリサイズ

バッチリサイズ2 - 複数の写真/画像をまとめてリサイズ
開発元:Koichi Otera
無料
posted with アプリーチ

バッチリサイズ2について

「バッチリサイズ2」は、複数の写真を一括してリサイズしてくれる無料で利用可能なiPhoneアプリだ。

普通にiPhoneで撮影した写真をリサイズしたいという目的でももちろん使えるが、複数の画像を一括変換できるので、iPhoneアプリの使い方をブログで解説する場合に必要となるスクリーンキャプチャを一括リサイズしたといった用途等にこのアプリは最適だ。

他にも、メール機能を搭載しているので、リサイズした写真を簡単にアプリからメール送信することも可能だ。

個人的に気に入っているのが、リサイズした画像の確認や削除などをこのアプリ上で行える点だ。わざわざカメラロールといったり来たりしなくてもいいのですごく楽だ。

また、よく使う出力サイズをあらかじめ登録できるので、何度も設定を行う手間がかからず素早く変換できる。

アプリ上から、Dropboxに保存したり他のアプリと共有出来るので、PCとのファイルのやり取りも簡単スムーズに行うことが出来るなど実に使い勝手のよいアプリとなっている。

バッチリサイズ2の主な機能は以下の通り。

  •  複数の画像をまとめてリサイズ
  • 1回の操作でリサイズして正方形に切り取れる
  • PNG画像を透明度を保ったままリサイズ
  • 白枠と影を付加できる
  • よく使うリサイズの設定を予め登録可能
  • 出力フォーマットを選択可能(PNG 又は JPEG)
  • リサイズした画像はカメラロールに保存することなく、メールで送信したりDropboxのフォルダに保存可能。
  • 元の画像のメタデータを含めることが可能。
  • 選択した写真をアプリ上で削除可能
  • 各画像のメタデータ(Exif、TIFF、GPS、ファイルサイズ、ファイル名等)を参照できる。

使い方

起動するとアルバム選択画面が表示されるのでリサイズしたい画像のあるアルバムを開く。

ここではカメラロールの画像で解説する。

一覧の中からカメラロールをタップする。

以下のようにカメラロールに保存されている画像が一覧表示される。

画像の下にはファイルのサイズ、画像の上にファイル容量が表示されているので目的のファイルを把握しやすくなっている。

上部センターには現在選択されている出力サイズの情報が書かれたボタンが表示されている。

ここでは、2枚の画像を一度にリサイズしてみよう。左から2枚の画像をそれぞれタップする。

画像をタップすると以下のようにチェックマークが付いて選択状態になるので、その状態で上部中央にあるボタンをタップする。

「リサイズ一覧」という画面が表示されるので、リストの中から出力サイズを選択する。

リストの見方だが、Wが横幅、Hが縦幅、85という数字はJPEG品質を表している。Wのみの表示になっているものは、Hが縦横比固定で変換されることを意味する。

リストの中の iマークをタップすると設定値を変更することが可能だ。

右上の+ボタンをタップすると、右側の画面が表示され、新たな出力サイズを自由に設定できる。同時に出力フォーマットや「リサイズ後に正方形に切り取る」や「枠を追加」、「影を追加」オプション等を指定可能だ。設定して右上の「完了」をタップすれば新しい設定がリストに加わる。

左側画面のリストの中から出力サイズを選択したら左上の「完了」をタップする。

出力サイズを選択したら右上の出力アイコンをタップする。

以下のように出力先を選択するメニューが表示されるので、出力方法を選択すればリサイズ画像が出力される。

「元の画像を削除」にチェックを入れておくと、リサイズファイルを出力後に元画像を削除するかどうかの確認画面が表示されるので、そこから削除することが出来る。

各出力先について

作業フォルダ

「作業フォルダ」を選択すると、トップ画面に「作業フォルダ」というアルバムが作成されその中に出力画像が保存される。

リサイズした出力画像をとりあえずiPhone上で確認したいという場合は、作業フォルダに出力するのがお勧めだ。

作業フォルダに保存した画像は、設定画面からカメラロールに移動することが可能だ。移動する場合は、トップ画面右の歯車アイコンをタップして表示される設定画面から「作業フォルダからカメラロールへ移動」をタップすればよい。

カメラロール

カメラロールにリサイズした出力画像が保存したい場合は「カメラロール」を選択する。

メール

「メール」を選択すれば、下記のようにメールを送信する画面が表示され、リサイズした出力画像を添付ファイルとしてメール送信することが出来る。

Dropbox

設定画面でDropboxのログイン設定を行っておけば、Dropboxという選択肢が有効になり出力ファイルをDropboxに保存することが出来る。

共有

「共有」を選択すると以下の画面が表示され、他のアプリと連携したりプリントしたりといったことが可能になる。私の場合この画面からOneDriveにファイルをアップロードしOneDrive経由でPCとファイルをやり取りするようにしている。

削除

「削除」を選択すると選択した画像を削除することが出来る。

まとめ

バッチリサイズ2は使い方も簡単、画像の管理もしやすく、機能も必要十分で非常に便利な画像リサイズアプリとなっている。

一点不満なのは、出力画像につけられる枠の色が白固定であり自分で好きな色の枠をつけられない点だ。なので私はこの枠をつける機能は使っていない。

この点が改良されればまさに最強リサイズアプリといっていいと思う。

バッチリサイズ2は無料で使えるので、iPhoneで写真・画像をリサイズしたい人は是非一度試してもらえればと思う。

バッチリサイズ2 - 複数の写真/画像をまとめてリサイズ

バッチリサイズ2 - 複数の写真/画像をまとめてリサイズ
開発元:Koichi Otera
無料
posted with アプリーチ
レクタングル広告(大)広告
レクタングル広告(大)広告

シェアする

フォローする

レクタングル広告(大)広告