CRECER(クレセル) 温湿度計 ブルー CR−101B【レビュー】

4

クレセル温湿度計 CR-101B レビュー

先日、ソニーのミラーレス一眼レフカメラ「SONY α6400」を購入した事を紹介したわけだが、カビを発生させずに長く大切に使用したいので保管方法についてもしっかり考えたい。

2020年9月頃、キャッシュバックキャンペーンを利用してソニーのミラーレス一眼レスカメラ「SONY α6400 高倍率ズームレンズキット【ILCE-6400M】」を購入していたのだが、忙しくてレビューできないままだった。最近になってようやく徐々にカメラを触り始めているが、私は一眼レスカメラの購入は今回が初めてというど素人だ。

一眼レフカメラにカビを生やさないためには防湿庫が必要なのだが、お値段が高くカメラデビューをしたばかりの私には分不相応だ。

そこで、市販のドライボックスを購入して安く防湿庫を作ることにした。

以下のような防湿庫を利用するのがベストだという事は言われずともわかっているが、お値段高めで私のような一眼レフカメラ初心者が利用するにはちょっと大げさだし価格的にもしんどい。なので、私はドライボックスを用いてミラーレス一眼レフカメラとレンズを保管する事にした。今回購入したドライボックスは「HAKUBA ドライボックスNEO 5.5L スモーク KMC-39」

防湿庫には湿度計が必要という事で、今回「クレセル 温湿度計 ブルー CR−101B」を購入してみたので紹介・レビューしたい。

クレセル 温湿度計 ブルー CR-101B

クレセル 温湿度計 ブルー CR-101B

876円(08/05 11:10時点)
Amazonの情報を掲載しています

CRECER 温湿度計 ブルー CR−101Bとは?

CRECER  ブルー「CR−101B」は、室内環境を専門とする温度計・湿度計メーカー「株式会社クレセル」が製造・販売するバイメタル式の室内用温度・湿度計だ。

比較的安価に購入でき、安心の日本製。

金の縁とブルーの表示板でオシャレ感があるのでインテリア性が高いのが特徴。

商品仕様

型番 CR-101
用途 壁掛け用
メーカー標準価格 1500円(税別)
パッケージ寸法 105×110×24mm
パッケージ重量 30g
材質 プラスチック
製造 日本製
温度計精度 -10~40℃・・・±2℃以内
湿度計精度 *常温時(20~25℃)
35~85%・・・±5%以内

開封・商品紹介

クレセル 温湿度計CR−101Bのパッケージ表面。

クレセル温湿度計 CR-101B レビュー

パッケージ裏面。

本体表面。

本体裏面には壁掛け用の穴が用意されている。

使ってみた感想レビュー

デザインがいい

一般的なつまらないデザインの温湿度計とは違い、金の縁に青い表示は、ぱっと見高級感があっておしゃれな感じがする。

まぁ、作り自体はちゃちいのだがインテリア的に優れているので結構気に入った。

数値はあくまで目安として使うべき

この商品に限らないが、基本的に低価格なバイメタル式の温湿度計の精度についてはあまり期待しないほうが良い。

仕様的には、湿度だと「35~85%・・・±5%以内」となっていて、そもそも測定範囲が狭く誤差も結構広いので、同じ商品を使用してもそれなりの誤差は生じてしまう。

まあ、そういうものなので、他の物と測定値が違うだのなんだの騒いだところで意味がない。

100円ショップにも湿度計が売っているし、私も1つ持っているが、どこが製造したかもわからないものを使用するよりは、まともなメーカーが作った商品の方が少しは安心できるという事で今回この商品を使用する事に決めた。

Amazonのレビューで、比較的良いレビューが多かったというのも購入の決め手となった。

すでに、購入してから半年ぐらいたつが、しっかり湿度変化に反応してくれているので目安としては充分に役に立っている。

がちがちに正しい数値を計測したいなら、もっと高性能な静電容量式の湿度計(但し高額)を購入すべきだ。

交換目安は3~5年

公式ホームページによれば、「一般家庭の室内では通常3年~5年間はご使用いただけます。」とあるので、5年間使ったら交換したほうがよさそうだ。

正確な湿度を計りたい方は「testo 608-H2」がおすすめ

正確に湿度を計りたいなら、テストーの温湿度計「testo 608-H2」がお勧め。

「testo 608-H2」は、ドイツのシュヴァルツヴァルトのレンツキルヒに本社を置く、環境測定ソリューションのグローバルカンパニー「Testo SE & Co. KGaA」が製造販売する温湿度計だ。

高精度な静電容量式湿度センサーを搭載しており、測定範囲は「2 ~ 98 %rH」と広く、精度も「±2 %rH」と非常に正確に湿度を計測する事が可能だ。

湿度30%以下が図れるのは非常にうれしい。

湿度計の仕様

測定範囲 2 ~ 98 %rH
精度 ±2 %rH (2 ~ 98 %rH)
分解能 0.1 %rH

設定したしきい値超えるとアラームLEDを点灯させることが出来るので、防湿庫用の湿度計としてはまさにうってつけの商品。

ただし、お値段が非常に高い、高すぎる(´;ω;`)ウッ…

なので私はバイメタル式の格安湿度計で我慢。

厳密な湿度を計測したい方は、購入を検討してみるといいだろう。

テストー 卓上式温湿度計 testo 608-H2

テストー 卓上式温湿度計 testo 608-H2

14,739円(08/05 14:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

最後に

バイメタル式の温湿度計は、ぶっちゃけどれを使用してもたいして差はなさそうだが、私のように100均に売っている温湿度計じゃ安心できないという人もいるだろう。

クレセルの温湿度計「CR−101B」は、価格は安価だし、使用開始から6ヵ月経過した今もしっかり湿度変化に反応してくれているので、湿度の目安を把握するにはこれで事足りている。

部屋の湿度が図りたい、防湿庫用の湿度計が欲しいという方は、クレセルの温湿度計「CR−101B」の購入を検討してみるといいだろう。

クレセル 温湿度計 ブルー CR-101B

クレセル 温湿度計 ブルー CR-101B

876円(08/05 11:10時点)
Amazonの情報を掲載しています
レクタングル広告(大)広告
レクタングル広告(大)広告

シェアする

フォローする

おすすめ記事

レクタングル広告(大)広告