Alexa対応音声認識リモコン付属のFire TV Stick 4Kが新発売!

新登場  Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属

2018年10月3日(水)、AmazonはAlexaに対応する音声認識リモコンを標準で付属したFire TV Stick 4Kの発売を発表した。

販売価格は6,980円(税込)。すでに予約受付を開始しており、12月12日(水)に出荷開始を予定している。

Fire TV Stickについて

Fire TV Stickは、テレビのHDMI端子に接続してWi-FIに接続するだけでAmazon Primeビデオ、Hulu、Netflix、AbemaTV、DAZN、dTV等の動画ストリーミングサービスを見ることが出来るようになるスティック型のデバイスだ。

他にも、WEBブラウザのSilkやFirefoxを利用して、YoutubeやFacebook、Twitter等の様々なウェブサイトを閲覧したり、Amazon MusicやSpotifyを利用してお好きな楽曲やプレイリスト、ラジオ放送、ポッドキャストを楽しむこともできる。

Fire TV Stickを使用すれば、大画面のテレビ上でインターネットコンテンツをフルに楽しむことができるようになる。

製品仕様について

新しく発売されるFire TV Stick 4K本体及び付属のリモコンの製品仕様は以下の通り。

Fire TV Stick 4K

サイズ ・99 mm x 30 mm x14 mm (HDMI端子含まず)
・108 mm x 30 mm x 14 mm (HDMI端子含む)
重量 53.6g
プロセッサ クアッドコア 1.7GHz
GPU IMG GE8300
ストレージ 8 GB
オーディオ Dolby Atmos、7.1 サラウンド対応、2chステレオ、最大5.1chのHDMIオーディオパススルー
Wi-Fi デュアルバンド、デュアルアンテナWi-Fi (MIMO): 802.11a/b/g/n/ac対応。
音声認識 ・同梱のAlexa対応音声認識リモコン
・無料のFire TVリモコンアプリ (Fire OS、Android OS、iOSで利用可能)
IR対応AV機器操作 同梱のAlexa対応音声認識リモコンで、IR対応のテレビ、サウンドバー、AVアンプ操作が可能。(商品によっては対応していない場合あり)
クラウドストレージ Amazonのコンテンツはすべて無料でクラウドに保存可能
入出力端子 ・HDMI出力
・Micro USB(電源用)
出力 2160p、1080p、720p、最大60fps
フォーマット ビデオ: Dolby Vision、HDR-10、HLG、H.265、H.264、VP9  オーディオ: AAC-LC、AC3、eAC3 (ドルビーデジタルプラス)、FLAC、MP3、PCM/Wave、Vorbis、Dolby Atmos(EC3_JOC)  写真: JPEG、PNG、GIF、BMP
Bluetooth Bluetooth 4.2/5.0 BLE
システム要件 ・HDMI端子対応HDテレビ
・Wi-Fi経由でのインターネット
・電源用コンセント
対応テレビ 保護されたコンテンツの再生には、HDCP の最小要件をサポートしたテレビである必要がある。
(1)HDMI端子対応4Kテレビ、24/25/30/50/60Hz および HDCP 2.2対応のソニー、シャープ、パナソニック、東芝、三菱、LG、サムスン等のテレビ
(2) HDMI端子対応HDテレビ、60/50Hz、1080pまたは720p対応の、ソニー、シャープ、パナソニック、東芝、三菱、LG、サムスン等のテレビ
保証 1年間限定保証付き(オプションで別売の延長保証も利用可能)
地域 特定のサービスは日本国外で適用外の場合あり
同梱内容 ・Fire TV Stick 4K
・Alexa対応音声認識リモコン
・USBケーブル
・HDMI延長ケーブル
・電源アダプタ
・単4電池2本スタートガイド

Alexa対応音声認識リモコン

サイズ 37 mm x 142 mm x 16 mm
重量 43.4g(本体)
電池 単4 x 2(同梱)
コントロール方式 Bluetooth接続、赤外線(IR)送信

Fire TV Stick 4Kの特徴

新しくなったFire TV Stick 4Kの特徴は以下の通り。

第2世代Fire TV Stickよりパフォーマンスが80%以上も向上

新しいクアッドコアプロセッサー1.7GHzを搭載し、Fire TV Stick(第2世代)より80%以上もパワフルに。

アクション映画、ライブ放送、スポーツ中継等、あらゆる動画をさくさく滑らかに楽しむことができる!

4K Ultra HDに加えてDolby VisionとHDR10+に対応

小さなスティック型で4K Ultra HD映像を楽しむことが出来るようになった。

それに加えて、ストリーミングメディア端末として初めてDolby VisionとHDR10+に対応し、より鮮明な映像を楽しむことが可能だ。

※現在、Dolby Visionのコンテンツは提供されていないが、今後提供される予定。

Fire TV Stick 4Kに対応しているホームオーディオ機器と接続することで、Dolby Atmos対応コンテンツによる臨場感あふれる3Dサラウンドを楽しむこともできる。

Alexa対応音声認識リモコンが付属!

話しかけるだけで動画のコントロールが可能に

リモコンの音声認識ボタンを押しながら「アレクサ、30分早送りして」等の発話を行うことで動画をコントロールすることができる。

Prime Videoで作品を検索したり、再生、早送り、巻き戻し、一時停止等、音声だけで簡単にに動画を操作して楽しむことが可能だ。

Alexaの様々な便利機能にも対応

楽曲を再生したり、プロ野球やサッカーなどのスポーツの結果、家の近くの天気、近所のレストランやスポーツジム等をAlexaに教えてもらうことが可能。

他にも、外国語への翻訳、計算の答え、為替相場などを聞けたり、じゃんけんやなぞなぞ等で遊べる等、Alexaを使用して様々なことを簡単に行うことができる。

Alexaスキルも利用(一部を除く)することが可能だ。

Echo端末を使ったハンズフリーでの音声操作にも対応

Fire TV Stick 4Kとお好きなEchoデバイスをペアリングすることで、Alexa遠隔音声認識機能を利用でき、一部のコンテンツをハンズフリーで操作することが可能になる。

例えば「アレクサ、Fire TVでバラエティを探して」といった感じでEchoデバイスからFire TV Stick 4Kの操作を行える。

Amazon Echoシリーズ端末とペアリングをすることで、ハンズフリーでの音声操作にも対応します。

一部のAlexaサービスには対応していない。

テレビとオーディオ機器の電源、音量、消音操作も可能に

付属のリモコンから、リモコンに対応したテレビとオーディオ機器の電源や音量、消音をボタン操作することが可能。

FireTVで視聴する際に、テレビのリモコンをわざわざ操作する手間が省ける。

既存のFireTVへの対応について

既存のFire TV (第3世代、2017年モデル)とFire TV Stick(第2世代、2017年モデル)の製品においては、12月に予定しているWi-Fi経由でのソフトウェアアップデートにより、製品付属の既存の音声認識リモコンでAlexaの利用が可能になる(一部機能を除く)。

また、このソフトウェアアップデートにより、手持ちのEchoデバイスの組み合わせでAlexaの遠隔音声認識機能も利用できるようになるとのことだ。

そのため、2017年モデルのFireTVを購入してしまった人も安心だ。

まとめ

Fire TVをいつ買おうかとずっと迷っていたのだが、日本においてはこれまでAlexaに対応していなかったのでずっと買うのを保留していた。

しかし、ここにきてようやくAlexaに対応したのでさっそくぽちっと予約購入してしまった。

Amazon Echoデバイスから、ハンズフリーでコントロールできるようになるようになるみたいなので非常に楽しみ。

発売日は12月12日なので当分待たされるが、今年の正月は大画面テレビでFire TVを楽しもうと思っている。

できるだけ早く入手できるように興味がある人は今のうちに予約しおこう。

レクタングル広告(大)広告
レクタングル広告(大)広告

シェアする

フォローする

レクタングル広告(大)広告