Fire TV StickにBluetoothキーボードを接続したら凄まじく便利に!

Fire TV StickにBluetoothキーボードを接続したら凄まじく便利に!

Bluetoothキーボードを購入したので、Amazon Fire TV Stick 4Kに接続してみたところ、驚くほど操作性が向上し、めちゃくちゃ便利になった。

あまりクリエイティブな作業をしない人であれば、Fire TV Stickをパソコン代わりに使ってもいいんじゃないかと思えるほどだ。

どれほど便利になるのかを紹介したい。

私の自宅には、リビングに通常のAmazon Fire TV Stick(ふぁいやーすてぃっく)を導入している。昨年、自室用に4Kモニターを購入したので、どうせなら4Kコンテンツを楽しみたいと思い昨年末に「Amazon Fire TV Stick 4K」を追加で購入した。セットアップ方法から初期設定、使い方等を詳しく紹介したい。

Fire TV Stickで使えるキーボードは?

Amazon Fire TV Stickは、Bluetoothキーボードのみ接続する事が可能だ。

現在のFire TV StickのBlutoothの仕様は以下の通り。

商品名 サポートしている
Bluetoothバージョン
Fire TV Stick Bluetooth 4.1 + LE
Fire TV Stick 4K Bluetooth 4.2/5.0 BLE

Bluetoothは上位互換なので、古いバージョンのキーボードでも使うことが出来るはずだ。

ただし、これから購入する場合は、サポートバージョン以上のBluetoothキーボードを購入をお勧めする。

今回私が使用したのは、「ロジクール K375S」というBluetooth Smartに対応したキーボードだ。

私は、Fire TV Stick、Fire TV Stick 4Kの両方を持っているが、どちらもこのBluetooth Smartキーボード「ロジクール K375S」を接続する事ができた。

Bluetoothと独自の無線規格の両方が使え、テンキーも付いていて価格も高くないので、Bluetoothキーボードを探している人に是非おすすめしたい。

Fire TV StickにBluetoothキーボードを接続する手順

Amazon Fire TV Stickを起動し、リモコンのホームボタンを長押しする。

すると以下の画面が表示されるので「設定」を選択する

設定画面が表示されるので、「コントローラーとBluetoothデバイス」を選択する。

「コントローラーとBLUETOOTHデバイス」画面が表示されるので、「その他のBluetooth端末」を選択する。

[その他のBLUETOOTH端末」画面が表示されるので、「Bluetooth端末を追加」を選択する。

Bluetoothデバイスを検索中...と表示されたら、Bluetoothキーボード側でペアリング操作を行います。

キーボード側でペアリング操作を行うと、以下のように画面上にキーボードの名前が表示されるので、それを選択する。

すると、Bluetoothペアリング要求という画面が表示される。

画面内に表示されているパスコードをキーボードで入力しリターンキー(Enterキー)をを押す。

端末が接続されましたと表示され、画面内にBluetoothキーボードの名称が表示されていれば、ペアリング作業は完了だ。

Fire TV Stickでキーボード操作を試す

Bluetoothキーボード「ロジクール K375S」をFire TV Stick Stick 4Kに接続し、まずはFire TV Stick Home画面等の一覧ページやPrime Videoを視聴する際の操作性、検索時の動作を検証してみた。

リモコンボタンとキーボード各キーの対応について

まず、Fire TV Stickリモコンの各ボタンが、「ロジクール K375S」のどのキーに該当するのかを調べたのが以下の表だ。

下記の対応表はあくまで「ロジクール K375S」キーボードを使用する場合の例であり、他のキーボードを使用する場合は異なるキーが割り当てられている可能性がある。
Fire TV Stick リモコン Bluetoothキーボード
(ロジクール K375S)
選択ボタン enterキー
ナビゲーションボタン 矢印キー(↑↓←→)
戻るボタン ESCキー
backキー
F6キー
ホームボタン F4キー
メニューボタン F5キー
再生/停止ボタン F8キー
テンキーEnter
スペースキー
巻き戻しボタン F7キー
←キー
早送りボタン F9キー
→キー

各操作に必要なボタンは、全てBluetoothキーボード側に割当たっているので、リモコンを使わずにキーボードだけで操作する事が可能だった。

文字入力の際は以下のキーを使用する事が出来る。

かな/英(大・小)切り替え F5キー
文字削除 backキー
文字入力画面キャンセル F6キー
文字変換 スペースキー
数字入力 数字キー
※テンキーの数字キーは機能せず
英字入力 英字キー
記号入力 記号キー
※shiftキー組み合わせも可
画面キーボードのキー移動 カーソルキー
画面キーボードのキー入力 enterキー
テンキーenter
大文字/小文字切り替え caps lock
文節選択 変換キー

検索時の文字入力について

Fire TV Stick検索機能における文字入力も問題なくキーボードから入力することが出来た。

ただし、パソコンとは少し違った入力方法になるので少し慣れが必要だ。

まず、検索画面を表示した直後の状態だと、Bluetoothキーボードから文字入力できない。

↓キーを押すと、画面上のキーボードがアクティブになり、以下のようにBluetoothキーボードから文字入力ができるようになる。

日本語入力は、ローマ字入力のみとなりかな入力はできない。

文字入力中、すぐ下に変換候補が表示されるので、スペースもしくは→←キーを使って変換候補を選択しEnterキーを押せば文字入力が確定する。

文字入力の際は「スペース」キーで変換をかけないと「enter」キーで入力確定できない。

「tabキー」を押すと、下にある虫眼鏡アイコンが付いた入力文字列がアクティブになるので、ここで「enterキー」を押すとその文字列で検索してくれる。

便利TIPS
「ロジクール K375S」キーボードの場合、「Fnキー+homeキー」で検索画面を表示できる

キーボード操作してみた感想

Fire TV Stickホーム画面やAmazon Primeビデオの操作をBluetoothキーボードから操作してみたところ、付属リモコンよりも圧倒的に操作しやすくなった。

矢印キーで表示アイテムをさくさくと移動できるし、enterキーで動画を選択して再生。

動画再生も矢印キーで早送り、巻き戻しが簡単にできる。

文字入力が必要な時もキーボードからさくっと入力。

いやまじでやばすぎるほど便利になるので絶対にBluetoothキーボードを接続して使ったほうがいい。

WEBブラウザ「Silk Browser」でBluletoothキーボードを試した結果

Amazon Fire TV Stick 4KにBluetoothキーボードを接続して「Silk Browser」での使い勝手を検証してみた。

各操作に対応するキーボードKey

WEBサーフィンを行う際に使用するキーボード上のキーは以下の通り。

前のページの戻る F6キー
上部メニュー表示 F5キー
カーソル移動、メニュー移動 方向キー(矢印キー)
ページスクロール上 Page upキー
ページスクロール下 Page downキー
スペースキー
ページ先頭へ移動 homeキー
ページ最後へ移動 endキー
マウスクリック テンキーenter
リンクフォーカスの移動 tabキー

文字入力は、上述したFire TV Stick検索画面での入力と同じように行える。

WEBサーフィンがやりやすい

矢印キーで画面のスクロールができるし、テンキーのenterキーでマウスクリックを同じ動作を行うことが出来るので、「ロジクール K375S」があれば、Fire TVリモコンやBluetoothマウスなしで快適にWEBサーフィンできる。

もちろん、Bluetoothマウスも一緒に使用すれば、より快適に操作をすることが可能だ。

使用していない手持ちのBluetoothマウスがあったので、Amazon Fire TV Stick 4Kに接続してみた。当記事では、Fire TV StickにBluetoothマウスを接続する方法及び、各アプリにおけるマウスの動作状況を紹介する。

ブログ記事を書く事には適さない

Amazon Fire TV Stick 4KにBluetoothキーボードを接続してWEBページで文字入力を行う場合、一行テキストボックスへの入力は問題ないが、複数行テキストボックスへの入力には何が難がある。

試しに、ワードプレスで記事を書いてみようとしたが、狙った行に文字を入力することが出来ず、まともに記事を書くことは出来なかった。

パソコン代わりに使えるかもと期待したが、残念な結果だ。

クリエイティブ用途でFire TV Stickを利用するのは、現時点では無理と言っていいだろう。

その他のアプリでの検証結果

Youtube

Fire TV Stick 4KにBluetoothキーボードを接続し、Youtubeで使用してみたところ、非常に快適に操作することが出来た。

Youtubeの検索機能では、キーボードからは英小文字、数字、記号しか入力できない。

入力したローマ字にたいして、Youtubeアプリがずらっと変換候補を表示するので、ユーザーはその中から最適なものを選んで検索する形となる。

案外こっちの方が便利かもしれない。

Bluetoothキーボードのみで全ての操作が可能なので、マウスを接続する必要はないだろう。

ABEMA TV

Youtubeの時と同じくABEMA TVもBluetoothキーボードで非常に快適に操作する事ができた。

ABEMAもBluetoothキーボードのみで全ての操作が可能なので、マウスは必要ない。

有線のUSBキーボードを使いたい人へ

余ってるUSBキーボードは持ってるけど、Bluetoothキーボードは持ってないという人は以下のUSB OTGハブの利用を検討してみよう。

とにかく、OTGケーブルやOTGハブを利用すれば、Fire TV StickにUSBマウスやUSBキーボード等のUSB機器を接続したり、有線LANで高速インターネット接続する事が可能となっている。そこで今回、以下の「SMAYS USB OTGハブ・イーサネットアダプタ」を購入して使えるか試してみた。

USB OTGハブを利用すれば、Amazon Fire TV StickでUSBキーボードを利用する事が可能になる。

まとめ

Amazon Fire TVにBluetoothキーボードを接続すると驚くほど便利に使えることが分かった。

Fire TV Stickの操作性が大きく向上するので、まだBluetoothキーボードを接続していたことのない人は今すぐ接続して試してみてほしい。

持っていない人は、今回私が使用した「ロジクール K375S」が安くて便利なので購入を検討してみるといいだろう。

レクタングル広告(大)広告
レクタングル広告(大)広告

シェアする

フォローする

おすすめ記事

レクタングル広告(大)広告