HP Pavilion Aero 13-beレビュー!コスパ最強のモバイルノートPC

4.5

HPが販売する最新のAMD第4世代Ryzen 5000シリーズを搭載した超軽量モバイルノート「HP Pavilion Aero 13-be」のレビュー機を借りる機会を得たので、詳しくレビューしていく。

コスパのよい軽量モバイルノートが欲しい人におすすめ

HP Pavilion Aero 13-beは、1kgを切る軽量モバイルノートPCだ。

そして、軽量モバイルノートPC中では断トツに価格が安い。

安いからと言って性能をケチっているわけではなく、一番安いモデルでもZen3アーキテクチャのAMD Ryzen 5 5600Uを搭載しており一般的な利用においてストレスなく利用することが可能だ。

デザインもよく、アスペクト比16:10の液晶パネルは非常に見やすかった。

唯一残念なのがタッチパッドの滑りだ。これさえよければ完ぺきだったのに残念。ただし、滑りの悪さはタッチパッド用フィルム等を使えば問題ないだろう。

私が今モバイルノートPCを購入するとしたら間違いなくこの「HP Pavilion Aero 13-be」を選ぶだろう。

それくらい、HP Pavilion Aero 13-beはモバイルノートPCとして非常におすすめだ。

おすすめポイント

  • Zen 3 AMD Ryzen CPU搭載で動作が快適
  • 1kgを切る軽量モバイルノート
  • コストパフォーマンス最強
  • アスペクト比16:10が個人には使いやすい
  • 非光沢IPS液晶パネルなので画面が見やすい
  • 最新OSのWindows11搭載

残念ポイント

  • タッチパッドの滑りがいまいち

用途別お勧め度

WEBサーフィン
動画鑑賞
Office作業
画像編集
動画編集 △~〇
ゲーム ×~△

HP Pavilion Aero 13-be
icon
icon
  • 最新のAMD第4世代Ryzen 5000シリーズ モバイルプロセッサー搭載
  • 約957gの13.3インチ軽量モバイルノート
  • アスペクト比16:10の非光沢IPS液晶パネルを搭載
  • マグネシウム合金によるタフボディで超頑丈
  • 選べる2つのカラー(ピンクベージュ、セラミックホワイト)
  • 最大10時間30分のロングバッテリーを搭載!
  • 45分の充電で50%回復できる急速充電「HPファストチャージ」に対応

レビュー機の基本スペックについて

今回お借りしたレビュー機「HP Pavilion Aero Laptop13-be0038AU」の基本スペックは以下の通り。

モデル名 HP Pavilion Aero Laptop13-be0038AU
OS Windows 11 Pro 64bit
プロセッサー AMD Ryzen 7 5800U
グラフィクス AMD Radeon Graphics
メモリ 16GB
ディスプレイ 13.3インチワイド・WUXGA非光沢・IPSディスプレイ(1920×1200)
ストレージ 512GB SSD

外観紹介

HP Pavilion Aero Laptop13-beの本体の外観を見ていこう。

天板

背面

前方

後方

右側面

左側面

オープンして正面から見た所。

液晶を最大限開くとこんな感じ。

エッジ部分にΣ型フォルムを採用しているので、液晶画面をオープンする時に指がしっかりひっかっかってパネルを開けやすい。

ディスプレイを開けるとキーボードに傾斜がつくリフトアップヒンジが採用されている。

シンプル&ファッショナブルな見た目。

ACアダプターと電源ケーブルは以下の通り。

電源ケーブルを使わずに直接電源に接続するためのプラグも付いている。

トレンドを押さえた2色のカラーバリエーション

 HP Pavilion Aero 13-beには、ピンクベージュとセラミックホワイトの2色のトレンドカラーから選択可能だ。

ピンクベージュは、上品で個性的なイメージを演出したい女性の方にお勧め。

icon
今回のレビュー機のカラーは、セラミックホワイトだ。

雪のように真っ白なボディは清潔感があってすごくファッショナブルだ。

「何処にでも一緒に持ち運びたくなる」そんなカラーになっている。

白色は汚れると目立つというのが難点ではあるが、どこに置いてもすごく映えるし、持っていて気分がいい。

セラミックホワイトにはひっかき傷に強いAED加工が一応なされているようだ。

1kgを切るノートPCではコスパ最強

HP Pavilion Aero 13-beで、最も安いのはスタンダードモデルだ。

その構成と同等スペックの他社のノートPCを探してみたが、2022年2月1日時点において対抗できそうなモデルがASUSの「ASUS ExpertBook B9 B9450FA (B9450FA-BM1083T)」ぐらいしか存在しなかった。

他は10万円を余裕で超えてくるものばかりで比較するまでもないだろう。

PC名 価格 構成 重量
HP Pavilion Aero 13-be スタンダードモデル 93,000円(税込) インチ:13.3インチワイド
CPU:AMD Ryzen 5 5600U
OS:Windows 11 Home
メモリ:8GB
ストレージ:SSD 256GB
約957g
ASUS ExpertBook B9 B9450FA (B9450FA-BM1083T) 99,800円 (税込) インチ:14.0型
CPU:インテル Core i5-10210U
OS:Windows 10 Home
メモリ:8GB
ストレージ:SSD 256GB
約870g

CPU性能的には「インテルCore i5-10210U」よりも「AMD Ryzen 5 5600U」の方が上だ。

なので1kg未満のモバイルノートPCにおいてHP Pavilion Aero 13-beはコスパ最強のノートPCとなっている。

必要十分な入出力インターフェースを搭載

HP Pavilion Aero 13-beの入出力インターフェースは、必要十分な構成となっている。

右側面に「SuperSpeed USB Type-A 5Gbps」と「電源コネクタ」を装備。

左側面に、HDMI2.0出力端子、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート、SuperSpeed USB Type-A 5Gbps、SuperSpeed USB Type-C 10Gbps ×1(USB Power Delivery、DisplayPort™ 1.4、電源オフUSBチャージ機能対応)を搭載している。

個人的にはUSB Type-Aポートが2つあるのが嬉しいところ。

HDMIポートも搭載しているので、外部ディスプレイとも簡単に接続することが出来る。

USB Type-Cも1ポート搭載しているので、これだけ搭載していればモバイルノートPCとしては十分ではないだろうか。

ちなみに、USBポートの名称に規格名ではなくSuperSpeedというマーケティングネームが用いられているが、これはUSBの規格名称が何度も変更されてわかりにくくなっているからだと思われる。

規格名で表すと、SuperSpeed USB Type-A 5Gbpsは、「USB 3.2 Gen 1x1」、SuperSpeed USB Type-C 10Gbps ×1は、「USB 3.2 Gen 2x1」に該当していると思われる。

アスペクト比16:10の液晶パネルは個人用途で使いやすい

 HP Pavilion Aero 13-beは、13.3インチワイド・WUXGA(1920×1200)解像度、アスペクト比16:10の非光沢IPS液晶パネルを搭載している。

現在一般的なアスペクト比は16:9だが、その幅は維持しつつ縦に少し広くなっている。

個人のモバイルノートの用途としては、主にWEB閲覧、メール、オフィス作業、そして動画視聴といったところだろう。

動画視聴だけをするのであれば、16:9が最適なのだが、WEB閲覧やオフィス作業をする場合は縦が狭く少し使いずらい。

その点16:10のアスペクト比は、縦に少し広くなる分1画面の縦の情報量が増えてWEB閲覧やオフィス作業がやりやすくなる。

個人用途をトータルで考えた場合16:10は個人的にはベストサイズだと思っている。

最大輝度は400ニトと非常に明るく、室内だと最大設定ではまぶしすぎるほど。室内だと少し下げて使用するのがおすすめ。

非光沢液晶を採用していて映り込みをほぼ感じずに利用できる点も非常にグッド。長時間作業をしても苦にならない。

そして、IPS液晶のため高視野角で画面が非常に見やすい。

最大10時間30分駆動!45分の充電で50%回復できる急速充電機能も搭載

バッテリーは最大10時間30分駆動時間が公称となっている。

動画を再生しっぱなしにしてバッテリーの持続時間を計測したかったのだが、設定をミスってしまい結局時間切れで測れずじまいとなってしまった。

急速充電を試すためにバッテリーがなくなって電源が入らない状態で45分充電してみたところ、65%まで回復することができ、公称50%を大きく超えていた。

ちなみに、1時間充電では75%まで回復することができた。

B&O Playデュアルスピーカーを搭載

B&O Playは、デンマークのオーディオブランド「Bang & Olufsen」のカジュアルブランドだ。

HPとBang & Olufsenが共同でカスタムチューンしたB&O Playデュアルスピーカーを搭載しており、ノートPCの割には良質な音質を楽しめる。

キーボードは好みの分かれる変則キーボード

HP Pavilion Aero 13-beのキーボードは、エンターキーが一番右側に配置されていない変則キーボードになっている。

エンターキーの右に「Home」「Pg up」「Pg down」「end」キーが並んでいることがわかるだろう。

このキー配置は嫌だという人が少なからずいたりする。

私の愛機「HP Spectre x360」もこれと同じ変則キーボードになっており、最初は戸惑ったものの今ではすっかり慣れてしまい、むしろこっちのほうがしっくりきている。

結局のところ慣れなので、キー配置については特に気にしなくていいと思う。

キーピッチは約18.7×18.4mmで一般的、キーストロークは1.3mmで少し浅めだ。

実際にタイピングしてみた所、軽快にタイピングできるし打鍵感は良好だった。

タイプ音は一般的なタイプ音だ。

バックライト機能もついており、明るさは2段階で調節できる。暗い場所でも問題なくタイピングが可能だ。

クリックパッドは指の滑りがいまいち

クリックパッド(タッチパッド)の使用感だが、横方向には問題なく指が滑ってくれる。

ただ、縦方向に何度も繰り返し動かしていると指の滑りが悪くなってたまにぎゅぎゅぎゅっと引っ掛かる時がある。

このクリックパッドの操作性はちょっといまいちな感じだ。

タッチパッド用のフィルムなどを張り付けて使用したほうがいいかもしれない。

WEBカメラは普通

HP Pavilion Aero 13-beには、HP Wide Vision HD Webcam (約92万画素)を搭載。

このWEBカメラは、顔認証(Windows Hello)には対応していない。

HPのビジネスノートなどについているプライバシーシャッターが付いているとうれしいのだがついていないのが残念。

WEBカメラの性能については一般的。

指紋認証センサー搭載でログインが楽ちん

Windows Hello 指紋認証センサー搭載で、パスワード入力よりも安全・迅速にログインできます。

コロナ渦でマスクが必須の今、マスクを付けたままログインできる指紋認証は非常に便利だ。

マイク音質をチェック

ウィンドウズに搭載のボイスレコーダーで実際に音声を録音してみた。

AIノイズキャンセル機能が搭載されているだけあってノイズがなくきれいに録音されていた。

音質を確認したい方は、以下を再生して確認してみてほしい

Skype通話でも音声チェックしてみが、声をはっきりクリアに聞き取ることができた。

オンライン会議等等でも問題なく利用することが可能だ。

高速無線LAN Wi-Fi 6に対応

HP Pavilion Aero 13-beは、データ速度が通常のWi-Fiと比較して理論値で約3倍の速度を誇る次世代のWi-Fi規格「Wi-Fi 6」に対応している。

Wi-Fi6対応ルーターを利用すれば安定した高速無線通信を利用することが可能だ。

HP QuickDropでスマホとPC間のデータを簡単やりとり

HP Pavilion Aero 13-beは、「HP QuickDrop」を使用してPCとスマホ間でファイルをP2P転送することが可能だ。

ペアリングされたデバイス間のみで直接やり取りするP2P転送なので、第三者のサーバーを介す必要がなく、プライバシーやセキュリティ的に非常に安心して利用できる。

実際にHP QuickDropを利用してみたが、簡単にファイル転送できてめちゃくた便利だった。

HP Pavilion Aero 13-beを購入したら是非利用してみてほしい。

以下は、HP QuciDropのPCアプリ画面。

以下は、HP QuickDropのスマホアプリの画面。スマホはiPhoneとAndroidの両方に対応している。

各種ベンチマーク結果

普通の人は、ベンチマーク結果の数値まで気にする必要はないが、PCの性能を詳しく知りたい方は参考にしてみてほしい。

各ベンチマークテストは、ノートPCにACアダプタを接続した状態かつ電源モードを「最適なパフォーマンス」にした状態で計測を行っている。

CPUのベンチマーク

CINEBENCH R20とR23を用いて、CPUのベンチマークテストを行った。

Multi Core Single Core
CINEBENCH R20 3616 431
CINEBENCH R23 9376 1436

CINEBENCH R20

CINEBENCH R23

ストレージのベンチマーク

CrystalDiskMarkを用いて、ストレージのベンチマークテストを行った。

HP Pavilion Aero Laptop13-be0038AUのストレージ速度は、Read速度は非常に高速でWriteは一般的な感じだ。

グラフィックのベンチマーク

内蔵グラフィックのベンチが行える「3DMark Night Raid benchmark」を使用してグラフィック性能をテストした。

ゲームをするのには向かないが、その他の一般的な用途に使うのであれば十分なグラフィック性能と言える。

総合的な性能をチェック(PCMark10)

PCMark10では、ウェブサイトの閲覧、ビデオチャット、書き込み、スプレッドシート、写真や画像の編集等、実際のアプリケーションとアクティビティをもとにしたテストを行い、パソコンの性能を計測する。

レビュー機は、AMD Ryzen 7 5800Uとメモリ16GB搭載しているだけあって、スコアは高い。

PCMark 10によるベンチマーク結果は以下の通り

総合スコア 5752
Essentials(PCの基本性能を測るテストグループ)

※快適動作の目安値:4100

9476
Productivity(ビジネスアプリケーション性能を測るテストグループ)

※快適動作の目安値:4500

9312
Digital Content Creation(コンテンツ制作における性能を測るテストグループ)

※快適動作の目安値:3450

5854

レビュー機は、AMD Ryzen 7 5800Uとメモリ16GB搭載しているだけあって、スコアは高く、それぞれのテスト項目に置いて快適動作の目安値を大きく超えているため、ストレスなく快適に使用できることがわかる。

HP Pavilion Aero 13-be0000シリーズの詳細スペック

HP Pavilion Aero 13-be0000シリーズの商品仕様は以下の通り。

今回レビューを行ったモデルは、「13-be0038AU」となる。

シリーズ名 HP Pavilion Aero 13-be0000 シリーズ
モデル スタンダードモデル スタンダードプラスモデル パフォーマンスモデル
13-be0034AU 13-be0035AU 13-be0036AU 13-be0037AU 13-be0038AU 13-be0039AU
オペレーティングシステム Windows 11 Home (64bit) Windows 11 Pro (64bit)
プロセッサー AMD Ryzen 5 5600U モバイル・プロセッサー + Radeon グラフィックス AMD Ryzen 7 5800U モバイル・プロセッサー + Radeon グラフィックス
カラー セラミックホワイト ピンクベージュ セラミックホワイト ピンクベージュ セラミックホワイト ピンクベージュ
メモリ 8GB オンボード (3200MHz,DDR4 SDRAM) 16GB オンボード (3200MHz,DDR4 SDRAM)
ストレージ 256GB SSD (PCIe NVMe M.2) 512GB SSD (PCIe NVMe M.2)
オプティカルドライブ -
Web カメラ HP Wide Vision HD Webcam (約92万画素)
ネットワークコントローラー -
内蔵無線LAN IEEE 802.11ax (Wi-Fi 6)、 Bluetooth 5.2
グラフィックスタイプ AMD Radeon グラフィックス (プロセッサーに内蔵)
ビデオメモリ メインメモリと共有
ディスプレイタイプ(液晶表示最大解像度/表示色) 13.3インチワイド・WUXGA非光沢・IPSディスプレイ (1920×1200 / 最大1677万色)
外部ディスプレイ 最大3840×2160 / 最大1677万色
ポインティングデバイス イメージパッド (タッチジェスチャー対応)
メディアカードスロット -
キーボード バックライトキーボード (日本語配列)
インターフェイス HDMI 2.0出力端子×1、SuperSpeed USB Type-A 5Gbps ×2、SuperSpeed USB Type-C 10Gbps ×1 (USB Power Delivery、DisplayPort 1.4、電源オフUSBチャージ機能対応)、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
オーディオ B&O Playデュアルスピーカー、内蔵デュアルマイク
セキュリティ パワーオンパスワード、アドミニストレーターパスワード、TPM
Windows Hello 指紋認証センサー
サイズ (幅x奥行きx高さ) 約 298 × 209 × 16.9 (最薄部) -18.9 (最厚部) mm
質量 約 957 g
ACアダプター 65W スマートACアダプター (動作電圧:100-240 VAC、動作周波数:50-60 Hz)
消費電力 (標準時/最大時) 約 7W / 65W
省エネ法に基づくエネルギー消費効率 12区分 17.9kWh/年 (AAA)
バッテリ リチウムイオンバッテリ (3セル / バッテリーファストチャージ機能対応)
バッテリ駆動時間 最大 10時間30分
セキュリティソフトウェア マカフィーリブセーフ (30日版)
オフィスソフト なし /Office Home & Business 2019
主なソフトウェア HP Support Assistant、HP QuickDrop、その他
主な添付品 スマートACアダプター、ウォールマウントプラグ、電源コード、保証書等
標準保証 1年間 (引き取り修理サービス、パーツ保証)
使い方サポート 1年間

最後に

HP Pavilion Aero 13 beは、1Kgを切る軽量モバイルノートの中では非常にコストパフォーマンスが良くデザインや使い勝手も申し分ない。

今、モバイルノートPCでどれを買う?と聞かれたら私ならHP Pavilion Aero 13 beを選ぶだろう。

軽量モバイルノートPCを探している人には、コスパ最強の「HP Pavilion Aero 13 be」を是非ともおすすめしたい。

HP Pavilion Aero 13-be
icon
icon
  • 最新のAMD第4世代Ryzen 5000シリーズ モバイルプロセッサー搭載
  • 約957gの13.3インチ軽量モバイルノート
  • アスペクト比16:10の非光沢IPS液晶パネルを搭載
  • マグネシウム合金によるタフボディで超頑丈
  • 選べる2つのカラー(ピンクベージュ、セラミックホワイト)
  • 最大10時間30分のロングバッテリーを搭載!
  • 45分の充電で50%回復できる急速充電「HPファストチャージ」に対応
レクタングル広告(大)広告