マンフロット NEXT スリングバッグ II グレー【レビュー】カジュアルと両立が出来て便利なカメラバッグ

マンフロット NEXT スリングバッグ II グレー 【レビュー】

以前、ソニーのミラーレス一眼レフカメラ「Sony α6400」を購入した事を紹介した。

2020年9月頃、キャッシュバックキャンペーンを利用してソニーのミラーレス一眼レスカメラ「SONY α6400 高倍率ズームレンズキット【ILCE-6400M】」を購入していたのだが、忙しくてレビューできないままだった。最近になってようやく徐々にカメラを触り始めているが、私は一眼レスカメラの購入は今回が初めてというど素人だ。

私にとって初めての一眼レフカメラの購入だったので、持ち運び用のカメラバックを持っておらず、カメラバッグも調達する事にした。

手頃な価格で使いよさそうなカメラバッグを探したところ、以下の「マンフロット NEXT スリングバッグ II グレー」が良さそうだったので購入してみた。詳しくレビューしたい。

マンフロット NEXT スリングバッグ II グレーとは?

「マンフロット NEXT スリングバッグ II グレー」は、イタリアの写真機器メーカー「Manfrotto」が販売するカジュアルさと軽快さを合わせたスリングバッグだ。

合計9モデルで構成されるNXコレクションの1つのモデルになっており、落ち着いたナイロンの光沢がスタイリッシュさを演出。

後部パネルは、長時間背負うことによる蒸れを軽減してくれる通気性の良いメッシュ素材を採用し、肩ズレ防止の3点留めストラップ付きで体にしっかりフィット。

バッグのファスナーは、ダブルジッパー仕様で中の物が取り出しやすい。バッグの中にはカメラ収納ケースが取り付けられている。

収納スペースとして、スマートフォンなどの小物の収納に便利なフロントポケット、ペットボトルなどの収納に便利なサイドポケット、バッグの中には2つのポケットと13インチノートパソコン収納スペースが用意されている。

サイドポケットには、3脚をセットして持ち運ぶことも可能になっている。

主な特徴

  • ミニマルデザインで撥水、軽量仕様
  • 通勤通学に便利なA4サイズ
  • 取り外し可能なカメラ収納ケース付
  • カメラ収納ケースには可動式の仕切り付
  • 標準レンズを装着した一眼レフ、レンズ2本、アクセサリーを収納可能
  • 13インチまでのノートPC用の収納スペースあり
  • 小物用フロントポケットでスマートフォンなどの出し入れもスムーズ
  • 2つの内側ポケット付
  • 後部パネルは通気性の良いメッシュ素材で背負った時の蒸れを軽減
  • 肩ズレ防止の3点留めストラップ付き
  • サイドポケットとストラップで三脚取り付け可能
  • 取り出しやすいダブルジッパー

商品仕様

マンフロット NEXT スリングバッグ II の商品仕様は以下の通り。

重量 0.68 kg
内寸 24 x 12 x 40 cm
カメラケース奥行 24.5 x 10 x 16 cm
外寸 25 x 13 x 44 cm
カラー/型番 グレー/MB NX-S-IGY-2 

ブルー/MB NX-S-IBU-2

三脚コネクション
ノートPC収納スペース(内寸) 25 x 2 x 36 cm
素材 合成繊維
レンズ数 3
見の回り品用収納スペース
三脚用スペース 奥行 13 x 3 x 21 cm
機材タイプ DSLR(デジタル一眼レフ)
バイクのタイプ ショルダーバッグ

商品紹介

以下、本商品の写真を掲載するが、バッグの表面生地がドット状になっているせいか、写真では表面に波のような模様(モアレ)が映ってしまっている場合がある。実物には波のような模様は入ってないので注意して欲しい。

私はAmazonで購入したが、透明なナイロンに入った状態でダンボールに入っていた。

マンフロット NEXT スリングバッグ II グレーを正面からみた写真。

マンフロット NEXT スリングバッグ II グレー レビュー

バッグの右側には、ポケットとストラップがついていて三脚の取付が可能になっている。

バッグの左側には、手さげ用のストラップがついている。

背中側は通気性の良いメッシュ素材が使用されている。

肩ズレ防止の3点留めストラップが付いているので、自転車やバイク乗車時でも安心。

表側には、小物用フロントポケットが搭載されており、スマートフォン等の小物類の収納が可能。

バッグは、左サイド側をファスナーで開けるようになっており、どこからでも開けやすいダブルジッパー仕様となっている。

バッグの中には、取り外し可能なカメラ収納ケースが入っている。

カメラ収納ケースを取り外すとこんな感じ。収納ケースの蓋の開閉はファスナー式。

カメラ収納ケースの裏側にはマジックテープが付いていて、バッグの中で固定できるようになっている。

カメラ収納ケースを開けたところ。中には赤い仕切りが2枚入っており、マジックテープ式で着脱可能になっている。

中の仕切りを1つ外してみたところ。

カメラ収納ケースを取り外した際の、バッグの中はこんな感じ。下部にカメラ収納ケース取付用のマジックテープが付いている。

バッグの中には、内側ポケットが2つ付いている。

そして、内ポケットの背面側に13インチノートPCを入れれる収納スペースが用意されている。

カメラ収納ケースを外して、普段使い用のリュックとして使用するのもありだ。

使ってみた感想・レビュー

デザイン性がよく普段使い用途でも使える

大きさは、大きすぎず、小さすぎずちょうどよい大きさで、バッグのデザインも悪くない。

インナーボックスを取り外せば、普段使いのバッグとしても活用できるので使い勝手が良い。

インナーボックス(カメラ収納ケース)は色々微妙

インナーボックス(カメラ収納ケース)には、標準レンズ付一眼レフとレンズ2本が入る大きさ。

インナーボックスの大きさ的には、人によって感想はかなり異なると思う。

私のようなレンズ1本しか持ってないカメラ初心者が利用するインナーボックスとしては、サイズ感がちょっと大きすぎて無駄なスペースが多くなる。

α6400に高倍率ズームレンズをつけたまま収納し、余ったスペースに充電器やレンズフード、ストラップ等の小物類を入れてみた。高さ的にスペースが余りまくっているのがちょっと不安なので、上に緩衝材でも詰めた方がいいかもしれない。

中の仕切りは両サイドマジックテープで止める形だが、位置調整がすごくやりにくい。

仕切りを移動中にマジックテープがひっついたりして何度もびりびりやるはめに。

あと一番問題なのは、インナーボックスの蓋がメッシュになっている事。

これだとホコリが入り放題だし、上部のクッション性が皆無。

蓋はしっかりと密閉できる方が良かった。

インナーボックスは、自分に合ったものに交換したほうがいいのではないかと思う。

13インチノートPC収納スペースは助かる

「マンフロット NEXT スリングバッグ II」は、カメラバッグとしてだけでなく普段使いのリュックとしても使用できるので、13インチのノートPCを収納できるスペースがあるのは嬉しい所。

私の愛用ノートPC「HP Spectre x360」もすっぽりと収納する事ができた。

昨年秋にめちゃくちゃかっこいいデザインに一目ぼれしてのHP Spectre x360というWindowsノートPCを購入したのだが、ちょこちょこと軽く触っていた程度で、まだ本格的には使用していなかった。この4月からHP Spectre x360を本格的に使っていこうと思っているのだが、いい機会なのでこのPCの特徴や機能などを紹介してみようと思う。

iPad等のタブレットを持ち歩く際も便利。

三脚が持ち運べて便利だし背負い難さもなし

右側ポケットに手持ちの三脚を入れてみた。

私が使用しているのは「SLIK GX6400」という三脚。

三脚のファーストデビューなので、値段が手ごろなエントリークラスの商品を探したところ、全高が154cmまで伸びる点と、国内老舗ブランドで信頼性が高そうという点が気に入り、以下のSLIK GX6400という三脚をAmazonで購入。初心者の私でも簡単に扱うことが出来て、すごく使いやすかったので詳しくレビューしたい。

問題なく収納できたし、三脚を収納していてもバッグの背負い辛さは一切感じなかった。

三脚を持ち運びできるので、外で風景写真や動画を取りたいという人にはうれしい所。また、右側ポケットに三脚を入れない時は、ペットボトルなどを入れるポケットとして便利に活用可能。

ちなみに、販売ページの三脚収納例写真で使用されてる三脚は「Manfrotto 三脚 COMPACT Action フォト・ムービーキット アルミ 5段」という商品だ。

スマートに持ち運びたいなら、「Manfrotto Elementトラベル三脚 スモール」がお勧め。格納高がわずか32cmなので持ち運びが非常にしやすく、マンフロット NEXT スリングバッグ IIとの相性はばっちり。

背負った感覚も密着感があってよい

まず、このバッグの持ち方だが、左サイドのストラップを持って手さげ式で使う事が可能だ。

また、背負う場合は、左肩に背負う方法、右肩からの斜め掛けで背負う方法の2パターンが考えられる。

背負う時は、右肩からの斜め掛けした状態が、体に最も密着して一番安定した状態になり、後ろから見た時にバッグがまっすぐな状態になる。

左肩に背負う場合は、バッグは背中に対して少し斜めの状態になり若干不安定だが、3点留めストラップで体の前で固定すれば、ずり落ちてしまう心配はない。

右肩からの斜め掛けなら、バッグを背負ったまま体の前に移動させて、カメラやバッグの中身を出すことが出来るので、背負うなら斜め掛けがおすすめかな。

2つの内ポケットはスペースが少なく活用しずらい

ノートPC収納スペースの外に付いている2つの内ポケットだが、ほとんど物が入らないし使い勝手は正直悪い。予備のSDカードやティッシュ類などを入れておくぐらいかな?

カメラ収納ケースを取り付けた状態なら、取り出しにくくてなおさら使い難くなる。

これなら2つに分けずに1つのポケットにして広くした方が便利だと思う。

すぐに取り出したい小物の収納はフロントポケットを活用したほうがいいだろう。

フロントポケットなら、スマホや長財布程度なら簡単に出し入れが可能だ。

余りスペースを有効活用可能

バッグに対してインナーボックスが小さめなので、余ったスペースに色々物を入れられて便利。

ちょっとした衣類や、折り畳み傘、ペットボトル、食料等々入れて置けるので、そこそこ活用できるのではないだろうか?

まとめ

なかなか自分に合ったカメラバッグを見つけるのは難しいものだが、「マンフロット NEXT スリングバッグ II」なら、多くの人を満足させるだけのポテンシャルは持っているのではないだろうか?

内部ポケットやカメラ収納ケース等一部不満な個所もあるにはあるが、何より価格が手ごろだし、デザインもよく、カジュアルと両立させたい人やカメラレンズをそれほど持ち歩かない初心者やアマチュアレベルの人なら買って損したとはならないと思う。

カメラ収納ケース(インナーボックス)については、使用者の機器構成等によって賛否両論出てくるところではあるが、気に入らなければインナーボックスだけ取り換えればいい話。

カメラバッグってどれを買えばよいかわからないとお悩みの一眼レフ初心者さんは、とりあえずのカメラバッグとして購入を検討してみてはどうだろうか?

レクタングル広告(大)広告