SMBCデビットカードが届いたら最初にやるべき事まとめ

先日以下のキャンペーンを利用してSMBCデビットカードを申し込んだ。

私のメインバンク「三井住友銀行」が、SBMCデビット1回使うだけでAazonギフト券1000円分をもれなくプレゼントしてくれるお得なキャンペーンを実施中だ。まだSMBCデビットを使ったことない人はこの機会に使ってみてはどうだろうか?

SMBCカードが到着したので、より便利により安心してSMBCカードを利用するために、カード到着後にやっておいた方がよいことをまとめてみた。

会員用WEBへの登録

SMBCカードが到着したら、まずは会員用WEBに登録しておこう。

会員用WEBに登録すれば、パソコンやスマートフォンからSMBCデビットカードの利用明細の照会やその他便利なサービスを利用することが可能になる。

会員用WEBで出来ること

会員用WEBでは、以下の機能が利用できる。

  • 利用明細照会
  • 各種変更手続き(ユーザーID/パスワード、取引通知メール、利用限度額、利用停止/停止解除)
  • キャッシュバック照会
  • VISA認証サービスの登録

登録手順

以下URLをクリックして会員用WEBサイトへアクセスする

http://vpass.jp/smbc-debit/

ログインフォーム下にある「会員登録はこちら」をクリックする。

「SMBCデビット会員用Webサービス利用特約」の画面が表示されるので、下まで画面をスクロールさせて「同意する」ボタンをクリックする。

STEP1 情報の入力

入力フォームに必要な情報を全て入力する。

  • カード番号:SMBCデビットカードに記載の番号を入力
  • ローマ字氏名:SMBCデビットカードに記載のローマ字氏名を入力
  • 生年月日:カード名義人の生年月日を西暦で入力
  • Eメールアドレス:取引通知メール等を受け取るためのメールアドレスを入力
  • Eメールアドレス(確認):確認のため上とEメールアドレスをもう一度入力
  • ユーザーID:ログインに使用するユーザーID(任意の7~20文字の半角英数)を入力
  • パスワード:ログインに使用するパスワード(任意の7~20文字の半角英字及び数字の組み合わせ)を入力
  • パスワード(確認):確認のため上のパスワードをもう一度入力

全て入力したら「確認」ボタンをクリックする。

STEP2 入力内容の確認

入力内容の確認画面が表示されるので、入力した内容に間違いがないかを確認し問題がなければ「登録」ボタンをクリックする。

STEP3 確認メール送信

確認メール送信画面が表示されるので、登録に使用したメールアドレスのアカウントにて新着メールチェックを行おう。

以下のメールが届いてるはずなので、メール本文にあるURLをクリックする。

STEP4 ユーザーID入力

ユーザーID入力画面が表示されるので、「ユーザーID」を入力して「登録」ボタンをクリックする。

STEP5 登録完了

以下のように登録完了画面が表示されたら、会員用WEBの会員登録は完了だ。

利用限度額の変更

デビットカードは、登録銀行口座から即座に直接引き落とされるという特徴がある。

そのため、もしカード情報が流出した場合、口座に大金が入っていればごっそり不正利用されてしまう危険がある。

そのため、なるべく利用限度額は下げておいた方がいいだろう。

限度額の変更を行うには、会員ページ上部メニューの「各種変更」から「利用限度額変更」をクリックする。

利用限度額変更画面が表示される。

SMBCデビットカードでは、利用限度額の上限値は以下のように設定されている。

  • 国内・海外ショッピング上限:1回100万円、1日100万円、1ヵ月100万円
  • 海外現金引き出し:1回10万円、1日10万円、1ヵ月100万円

あまり使わないのであれば、できるだけ限度額を引き下げておこう。

私の場合、とりあえず国内・海外とも1回、1日、1か月すべて5万円で統一し、海外現金引き出しは利用しないので0円に設定した。もっと引き下げて大きな金額を使う時だけ引き上げるという運用にしてもいいだろう。

上限額を変更するには、変更後のテキストボックスに変更したい金額を入力し「確認」ボタンを押す。

後は、確認画面が表示されるので下部に表示されている「変更ボタン」をクリックすれば限度額を変更することが出来る。

VISA認証サービスの設定

VISA認証サービスは、オンラインショッピングの際のセキュリティを高めることが出来るサービスだ。

VISA認証サービスを設定すると、対象店舗でインターネットショッピングをする際に、通常の取引情報に加え「本人認証用パスワード」が求められるようになる。

仮に、カード番号が流出したとしてもこの認証パスワードを知らなければ買い物ができなくなるので、不正利用を防ぐためにも是非ともVISA認証サービスを設定しておこう。

VISA認証サービスを設定するには、SMBCデビット会員ページの上部メニューから「VISA認証サービス」をクリックする。

すると、「VISA認証サービス 本人認証用パスワード・パーソナルメッセージの登録」画面が表示されるので、本人認証用パスワードとパーソナルメッセージを入力し「確認」ボタンをクリックする。

パーソナルメッセージとは?
パーソナルメッセージは、カード会員とカード発行機関との合言葉にあたるもので、好きな言葉を設定することが出来る。     

本人認証サービスでのオンライン決済時にパスワード入力画面に表示されるようになっており、自分が登録したものと同じかどうかを確認することで、そのパスワード入力画面が確かにカード発行金融機関のページであると確認することができる仕組みとなっており、より安全にネットショッピングを利用することが可能になる。

確認画面が表示されるので、問題なければ「確定」ボタンをクリックする。

VISA認証サービス 本人確認用パスワード・パーソナルメッセージの登録完了画面が表示されたら登録手続きは完了だ。

まとめ

SMBCカードが到着した状態で何も設定しなくても利用することは可能だが、本記事で紹介したことをやっておけば万が一不正利用された際も被害を最小限に抑えることが出来る。

また、安全にSMBCカードを利用するためにも是非本記事を参考に最低限の対策をやっておこう。

レクタングル広告(大)広告
レクタングル広告(大)広告

シェアする

フォローする

おすすめ記事

レクタングル広告(大)広告