格安アクティブスピーカー「Creative Pebble」はお値段以上の音質だった【レビュー】

Amazonレビューなどで非常に高評価を獲得している格安スピーカーのCreative Pebble SP-PBL-BKを購入してみたのだが、巷のレビュー通りお値段以上の音質が楽しめるスピーカーだった。

この価格でこの音が出るの!?と素直に感動すること間違いなし!

具体的にどんなスピーカーなのかレビューしてみたい。

Creative Pebbleとは?

Creative Pebbleは、PCエンターテイメント製品におけるリーディングカンパニー「Creative Technology Ltd」が販売するUSB給電タイプの格安アクティブスピーカーだ。

PC等のUSBポートに接続するだけで給電できるのでわざわざコンセントを用意する必要がない。

コンパクトだが存在感のあるボディで、最大4.4Wのパワフル出力が可能。

さらに、パッシブ ラジエーターを備え低音の効いた奥行きのあるサウンドを楽しむことができるのが特徴だ。

色は、ブラックとホワイトの2色から選択することが出来る。

製品の仕様

スピーカー構成 左右セパレート型 ステレオ スピーカー
色(型番) ・ブラック(SP-PBL-BK )
・ホワイト(SP-PBL-WH)
外形寸法 各サテライト スピーカー 約114×113×116 mm
重量 左サテライト スピーカー 約0.3kg
右サテライト スピーカー 約0.345kg
スピーカー出力(総合) 最大4.4W RMS
ドライバー 各サテライト 2インチ
周波数特性 50Hz~20kHz
SN比 86dB
入力系統 ライン入力
入力端子 φ3.5mmステレオライン入力
電源 USBバスパワー
コントローラー/インジケータ 電源/ボリュームコントロール(右スピーカー前面)
電源LED(右スピーカー前面)
ケーブル長 ・スピーカーケーブル(左右サテライト スピーカー間) 約1.1m(取り外し不可)
・ライン入力ケーブル 約1.2m(取り外し不可)
・電源用USBケーブル 約1.2m(取り外し不可)
必要なシステム デスクトップPCまたはノートPCのUSB端子(USB タイプA)
または
5V 1Aの電源が共有可能なUSB タイプA端子を備えたUSB電源アダプター
φ3.5mmステレオライン出力

Creative Technology Ltdについて

Creative Technology Ltdは、全世界で累計4億台以上出荷しているPC用サウンドカード「Sound Blaster」シリーズを発売していることで有名な会社で、1981年にシンガポールに設立されたグローバルカンパニーだ。

スピーカーやヘッドホン等のPC周辺機器、オーディオ機器を30年以上開発販売し、ワールドワイドに商品展開を行っている。

日本での販売は1993年7月26日に設立された日本法人「クリエイティブメディア株式会社」によって行われている。

開封の儀

さっそく開封していこう。

以下は箱の蓋を開けた直後の写真。

上に乗っかってる三角形状の箱をのけると、スピーカ本体がお目見え。

中に入ってたものは、本体の三角の箱だけだった。

三角の箱には以下の紙類(保証書と注意事項が書かれている紙)が入っていた。

複数の言語別に書かれており、さすがワールドワイドに展開している企業の商品と言ったところ。

以下は、本体をくるんでいたプチプチを外し正面から撮った写真。

結構存在感のある大きさだ。

以下は右側面から撮った写真。

こちらは後ろから撮った写真。

以下の写真は下部を撮影した写真。

Creative Pebbleの特徴

Creative Pebbleにはどんな特徴があるのか具体的に見ていこう。

コンパクトながら最大4.4W RMS出力で迫力サウンドを実現

コンパクトといってもそれなりに存在感がありごつい印象を感じる。

サイズ感をわかりやすくするため100均ライターと一緒に写真を撮ってみた。

スピーカーの筐体は約11cmの球状で、ごつさと球体による可愛さを両方併せ持つようなデザインになっている。

コンパクトサイズながら最大4.4W RMSのそこそこ迫力のあるステレオサウンドを楽しむことが可能だ。

自宅で本格的に音楽を楽しむには10Wクラスの出力が欲しい所だが、その場合値段はそれなりにお高くなってしまう。

しかし、このサイズとこの価格で4.4W出力なら十分満足できると思う。

上向きドライバーデザイン

Creative Pebbleでは、スピーカードライバー(駆動部)が45°の上向きに配置されている。

これにより、サウンドがリスナーへダイレクトに伝わり、パーソナル リスニングに適したサウンド環境を実現している。

パッシブラジエーター搭載で重低音を強化!

パッシブラジエーターとは、駆動系を持たない、振動板だけのユニットで、一定の周波数で共振して、低音を強めてくれる働きがある。

Creative Pebbleでは背面に取り付けられている。

電源スイッチ兼音量ノブを搭載

右スピーカー前面に、電源スイッチと音量コントロール共用ノブを搭載し、電源のオン/オフや音量を手元で簡単にコントロールすることが可能!

USBバスパワーでの動作が可能

USBバスパワーで動作できるので、デスクトップPCやノートPCのUSBポートに接続するだけで使用することが出来る。

なので、デスクトップPCやノートPC用のスピーカーとして最適。

もちろん、市販のUSB電源アダプターも使えるので他の用途でも使用可能。

USB電源アダプターは5V1Aの電源が共有可能なUSB タイプA端子を備えたものを用意しよう。

以下のようなUSBポートとコンセントがセットになっているタイプが個人的には使いやすくてお勧め。

選べる2カラー

色はブラックとホワイトのベーシックな2色から選べるので、手持ちのPCが黒なら、黒色のCreative Pebbleを選択と言ったように、手持ちのデバイスに合わせることが出来る。

Amazonだとめちゃくちゃ安い

Creative PebbleはAmazonで非常に安く手に入れることが出来る。

私はAmazonにて1,780円でこの商品を購入した。

値段だけ見ると、しょぼいスピーカーという印象だが、いい意味で期待を裏切ってくれる商品だ。

Creative Pebbleの音質はぶっちゃけどうなの?

取り合えず、手持ちのデスクトップPCのUSBポートに接続して音を鳴らしていたファーストインプレッションは、これスゲーだった。

この価格でこんな低音がきれいに出るのかと非常に驚いた。

重低音と言うほどではないが、パッシブラジエーターのおかげか、聴く曲によっては低音が非常に心地よく響いてくれる。

中高音域は少し軽い印象を受けるが、安っぽいシャカシャカ音はせず比較的バランスが取れているので聞いていてそれほど違和感は感じない。

とにかくこの低価格でこのバランス感は素直にすごいと思う。

間違いなくお値段以上の音質を楽しむことが出来る。

この価格帯のスピーカを選ぶなら、Creative Pebbleはベストバイと言っていいだろう。

まとめ

スピーカーは高額になればなるほど高音質の音楽を楽しむことが出来る。

ただ、普通の人にとってはそこそこの音質が楽しめれば満足と言う人が大半ではないだろうか。

Creative Pebbleは非常に安いのに安さを感じさせない音質を楽しめるので、個人的には充分満足している。

低価格帯のスピーカーを探している人にはぜひともお勧めしたい。

上向き45度のドライバー配置なので、必然的に手元のテーブルやデスク上に設置して楽しむことになると思うが、ノートPCやデスクトップPC用に使用するのがおすすめだ。

他にも、スピーカーの貧弱なテレビに接続して利用するのもいいのではないかと思う。

レクタングル広告(大)広告
レクタングル広告(大)広告

シェアする

フォローする

おすすめ記事

レクタングル広告(大)広告