WordPressプラグイン「Table of Contents Plus」で記事の目次を自動生成

Webサーフィンをしていて、以下にあるような目次を持つウェブサイトを見たことはないだろうか?

実はこれ、「Table of Contents Plus」というWordPressプラグインを用いて実現している。

目次があれば、ユーザーは目的の記事に素早くアクセスできるので利便性を高めること出来る。ワードプレスでサイトを構築しているならば、導入を検討してみよう。

今回の記事では、このTable of Contents Plusプラグインの使い方について解説を行う。

Table of Contents Plusとは?

「Table of Contents Plus」は、投稿記事上に目次を自動で生成してくれるWordPressプラグインだ。

Table of Contents Plusプラグインをインストールしておけば、普通に記事を投稿するだけでプラグインが記事内の見出しを解析し、目次を自動的に記事に挿入してくれる。投稿者は目次について一切意識する必要はない。

設定の自由度も高く、目次の外観を自分の好みに変更する事も可能だ。

サイトの利便性が大幅に向上するので、ワードプレスでサイトを構築しているならぜひともインストールしておきたいプラグインだ。

インストール方法

WordPressにログインし、管理画面左メニューの「プラグイン」から「新規追加」をクリックする。

「プラグインを追加」画面が表示されるので、キーワード欄に「Table of Contents Plus」と入力する。

画面上に「Table of Contents Plus」が表示されるので、「今すぐインストール」ボタンをクリックする。

しばらくすると「有効化」ボタンが表示されるので、「有効化」ボタンをクリックする。

「プラグインを有効化しました。」と表示されたらインストール作業は完了だ。

設定方法

WordPress管理画面、左メニューの「設定」から「TOC+」をクリックする。

以下のように「Table of Contents Plus」の設定画面が表示される。

まずは「基本設定」タブ上に表示されている設定項目を見ていこう。

位置

見出しの表示位置を設定する

以下の4つから選択可能だ。

  • 最初の見出しの前(デフォルト)
  • 最初の見出しの後

最初の見出しの前

「最初の見出しの前」に設定すると、以下のように記事中の最初の見出しの直前に目次が表示される。

最初の見出しの後

「最初の見出しの後」に設定すると、以下のように記事中の最初の見出しの直後に目次が表示される。

「上」に設定すると、以下のように記事の最上部に目次が表示される。

「下」に設定すると、以下のように記事の最下部に目次が表示される。

おすすめの位置設定

記事の概要 - 目次 - 最初の見出しという構成が一番スマートだと思うので、個人的にはデフォルトの「最初の見出しの前」がお勧めだ。

もちろん、サイト構成によっては他の場所の方がしっくりくるかもしれないので、自分で最適な位置を見つけてほしい。

表示条件

表示条件では、目次を表示するための条件を指定する。

Table of Contents Plusでは、見出しの数によって目次の表示非表示を制御するようになっている。

デフォルトでは4が設定されているが、この場合記事中に見出しが4つ以上ないと目次は表示されない。

個人的には2あたりを設定しておくのが良いのではないかと思う。

自分の好みに合わせて設定してほしい。

以下のコンテンツタイプを自動挿入

「post」は投稿記事、「page」は固定ページのことを意味する。

デフォルトでは「page」にチェックが入っているが、目次を表示させるのは通常、投稿記事のみでいいので「page」のチェックを外し、「post」に必ずチェックを入れよう。

見出しテキスト

見出しテキストは、目次のタイトルや表示、非表示の制御に関する設定が行える。

目次の上にタイトルを表示

「目次の上にタイトルを表示」にチェックを入れると目次上部にテキストボックスで入力したタイトル名が表示される。デフォルトでは「Contents」となっているが、日本語のブログであれば「目次」と変更しておくとよいだろう。

ユーザーによる目次の表示・非表示を切り替えを許可

「ユーザーによる目次の表示・非表示を切り替えを許可」にチェックを入れると、以下のようにユーザーが目次の表示、非表示を制御できるようになる。

「テキストを表示」、「テキストを非表示」テキストボックスには、画面上に表示させたい文字列を入力する。

ユーザーが「非表示」をクリックすると目次が折りたたまれ、「表示」をクリックすると目次が展開される。

最初は目次を非表示

「最初は目次を非表示」にチェックを入れると、ページにアクセスされた時に目次が折りたたまれた状態で表示されるようになる。

おすすめの見出しテキスト設定

個人的には以下の設定がお勧めだ。

日本語ブログの場合はやはり日本語のナビゲートが最適だと思う。

階層表示

目次に階層構造を持たせるかどうか指定する。

チェックアリの場合

「階層表示」にチェックを付けると、以下のように階層構造をもった目次が表示される。

チェックなしの場合

「階層表示」のチェックを外すと、以下のように目次がフラットな表示になる。

おすすめの階層表示設定

階層構造をもった目次の方がどう考えてもわかりやすいため、「階層表示」にはチェックを付けておくことをお勧めする。

番号振り

チェックアリの場合

「番号振り」にチェックを付けると、以下のように目次に番号が付与される。

チェックなしの場合

「番号振り」のチェックを外すと、目次に番号は振られなくなる。

おすすめの番号振り設定

好みの問題だが、個人的には目次に番号がついていたほうがわかりやすいと思う。

なので、「番号振り」にはチェックを付けておくことをお勧めする。

スムーズ・スクロール効果を有効化

「アンカーリンクにジャンプではなくスクロールする」にチェックを入れると、目次の項目をクリックした際に、指定された項目にスクロールで移動するようになる。

チェックを外すと、一瞬で指定の項目にジャンプする。

これも好みの問題だが、個人的にはスクロールで移動したほうがしっくりくるので、私はチェックを入れてスクロールさせるようにしている。

外観

外観に関しては完全に好みの問題なので私からは特に説明はしない。

私はデフォルト設定のまま使用している。

デフォルト設定が嫌ならば、「横幅」、「回り込み」、「文字サイズ」、「プレゼンテーション」の設定を自身が満足できるようにいろいろ試して設定すればよい。

上級者向け

Table of Contents Plusには「上級者向け」設定も用意されている。「上級者向け」という表示の右横にある(表示)をクリックすれば設定項目が表示される。

上級者向け項目のなかで意識しておきたいのが「見出しレベル」だ。

デフォルト設定ではh1~h6までの見出しが目次対象となっているが、そんな細かいレベルまで目次として表示させたくない場合は、必要のない見出しのチェックを外しておこう。

通常、h1は記事タイトルで使用するので必要はない。また、h4まで含めると目次が肥大化しすぎる可能性があるので、個人的には以下のh2とh3のみチェックするのがお勧めだ。

その他の上級者設定項目は特にいじる必要はないためここでの解説は行わない。

設定の適用

全ての設定が完了したらページ下部の「設定を更新」ボタンをクリックしよう。

「設定を保存しました。」と表示されたら設定は完了だ。

サイトマップの設定

「Table of Contents Plus」プラグインには、人間向けのサイトマップの作成機能もついている。

設定画面上部「サイトマップ」タブをクリックするとサイトマップに関する設定を行うことが出来る。

各種設定後、サイトマップを表示したいページに

Pages

Categories

というショートコードを記述すればサイトマップが表示される。

サイトマップを作成したい人は、この機能を使用すればよいだろう。

サイトマップを作成しない場合、この設定項目は無視しておけばよい。

最後に

目次があることでユーザーは迅速に目的の記事を表示させることが可能になる。

最近は、ワードプレスで構築された多くのサイトで「Table of Contents Plus」プラグインを利用した目次表示を目にするようになってきている。

ユーザビリティが格段に向上するので、ワードプレスでサイトを運営しているなら「Table of Contents Plus」プラグインの導入をぜひともお勧めする。

レクタングル広告(大)広告
レクタングル広告(大)広告

シェアする

フォローする

おすすめ記事

レクタングル広告(大)広告