MENU
カテゴリー

Windows10でIPアドレスを固定する設定方法

通常、PCをネットワークに接続した際、IPアドレスは自動で割り振られるようになっている。

しかし、PCのIPアドレスを手動で設定して固定化しておけば、リモートデスクトップ等でリモート接続する際に便利だ。

私も、Windows10にリモートデスクトップ接続するべく、今回固定IPを割り振ることにした。

当記事では、Windows10 PCのでIPアドレスを固定化するための手順を紹介する。

目次

設定手順

Windows10ホーム画面左下にある検索ボックスに「ネットワーク接続」と入力する。

そして、「最も一致する検索結果」に表示される「ネットワーク接続の表示」をクリックする。

「ネットワーク接続」画面が表示されるので、現在使用しているネットワークを右クリックして表示されるメニューからプロパティをクリックする。

イーサネットのプロパティ画面が表示されるので、「この接続は次の項目をしようします」一覧にある「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」をクリックして「プロパティ」ボタンをクリックする。

「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)のプロパティ」画面が表示されるので、「次のIPアドレスを使う」を選択し、「IPアドレス」、「サブネットマスク」、「デフォルトゲートウェイ」を設定する。

また、次のDNSサーバーのアドレスを使うを選択し、「優先DNSサーバー」、「代替DNSサーバー」を適切に設定する。

設定方法(参考)

Wi-FiルーターのIPアドレスを192.168.0.1にしている場合

IPアドレス:192.168.0.10
※赤字部分の数字は2~254までの間で他の機器と重ならない数値にすること

サブネットマスク:255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ:192.168.0.1 ※Wi-FiルーターのIPアドレスを入力
優先DNSサーバー:192.168.0.1 ※Wi-FiルーターのIPアドレスを入力
代替DNDサーバー:設定なし

使いのネットワーク環境、プロバイダーによっては上記以外の設定が必要な場合がある。

設定が完了したら「OK」ボタンをクリックする。

「イーサネットのプロパティ」画面の「閉じる」ボタンをクリックする。

以上で、Windows10でIPアドレスを固定にする(固定IP)設定は完了だ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次