Windows10標準のSSHクライアントを使ってみた

2017年10月17日に行われたWindows10 Fall Creators Updateにより、Windows10で公式にSSHがサポートされるようになり、SSHクライアントが標準で利用できるようになった。

私はこれまで、Windows7を利用している場合は、サーバーに接続する際にPuTTY(パティ)というオープンソースのSSHクライアントを利用してきたのだが、Windows10ノートPCを利用するようになったので、Windows10標準のSSHクライアントを試してみた。

Windows10公式SSHクライアントのインストール方法

Beta版として提供されていたOpenSSHの機能が「Windows 10 April 2018 Update」で正式版となり、デフォルトでOpenSSHクライアントが利用できるようになっている。

そのため、April 2018 Update後は、以下のSSHクライアントのインストール作業は不要だ。

Windows10公式SSHクライアントを使うには、別途インストール作業が必要なのだが、簡単な設定だけでインストールできるようになっている。

以下の手順でSSHクライアントをWindows10にインストールしよう。

まずWinキーを押し、検索ボックスにoptionと入力し、メニューに表示された「オプション機能を追加する」をクリックする。

「オプション機能の追加」画面が表示されるので、「機能の追加」をクリックする。

次に「OpenSSH Client(Beta)」をクリックする。

以下のように展開表示されるので、「インストール」ボタンをクリックする。

すると画面上から「OpenSSH Client(Beta)」の項目がいきなり消えるので少しびっくするが、ダイアログ上部の左矢印をクリックして前の画面に戻ってみると、以下のようにインストール中であることがわかる。

インストールが完了すると、以下のように自動でソートされて表示される。

以上でインストール作業は完了だ。

再起動しないとコマンドがまだ使える状態にならないので、ここでWindows10を再起動しよう。

再起動後、コマンドプロンプトやWindows PowerShellからコマンドを入力できるようになる。

SSHサーバーに接続

SSHサーバーへ接続するには、コマンドプロンプトやWindows PowerShellから以下のコマンドを入力する。

ssh -l ユーザー名 サーバーIPアドレス

試しに、自宅で運用しているサーバーに接続できるか確認してみたが、問題なく接続することができた。

まとめ

今回、Windows10にSSHが標準装備されたことにより、簡単な設定だけでSSHクライアントをWindowsから使えるようになった。

余計なソフトを入れずに手軽にサーバー機へSSH接続できるのはやはりすごく便利だ。

まだ試していない方は、Windows標準のSSHクライアントを試してみるといいだろう。

レクタングル広告(大)広告
レクタングル広告(大)広告

シェアする

フォローする

レクタングル広告(大)広告