※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

Windows10標準のSSHクライアントで簡単・手軽にSSH接続!使い方を紹介

2017年10月17日に行われたWindows10 Fall Creators Updateにより、Windows10で公式にSSHがサポートされるようになり、SSHクライアントが標準で利用できるようになっている。

そのおかげで、Windows PowerShellやコマンドプロンプトからSSH接続を手軽に行えるようになった。

Windows7を利用していた時は、SSH接続する際にPuTTY(パティ)というオープンソースのSSHクライアントソフトを利用してきたのだが、デスクトップPCもノートPCもWindows10マシンに変更し今は、手軽に利用できるWindows10標準のSSHクライアントを使っている。

Windows10公式SSHクライアントのインストール方法

Beta版として提供されていたOpenSSHの機能が「Windows 10 April 2018 Update」で正式版となり、デフォルトでOpenSSHクライアントが利用できるようになっている。

そのため、April 2018 Update後は、以下のSSHクライアントのインストール作業は不要だ。

Windows10公式SSHクライアントを使うには、別途インストール作業が必要なのだが、簡単な設定だけでインストールできるようになっている。

以下の手順でSSHクライアントをWindows10にインストールしよう。

まずWinキーを押し、検索ボックスにoptionと入力し、メニューに表示された「オプション機能を追加する」をクリックする。

「オプション機能の追加」画面が表示されるので、「機能の追加」をクリックする。

次に「OpenSSH Client(Beta)」をクリックする。

以下のように展開表示されるので、「インストール」ボタンをクリックする。

すると画面上から「OpenSSH Client(Beta)」の項目がいきなり消えるので少しびっくするが、ダイアログ上部の左矢印をクリックして前の画面に戻ってみると、以下のようにインストール中であることがわかる。

インストールが完了すると、以下のように自動でソートされて表示される。

以上でインストール作業は完了だ。

再起動しないとコマンドがまだ使える状態にならないので、ここでWindows10を再起動しよう。

再起動後、コマンドプロンプトやWindows PowerShellからコマンドを入力できるようになる。

SSHサーバーに接続する手順

SSHサーバーへ接続するには、コマンドプロンプトやWindows PowerShellから以下のコマンドを入力する。

ssh -l ユーザー名 サーバーIPアドレス

試しに、自宅で運用しているサーバーにSSH接続できるか確認してみたが、問題なく接続することができた。

以前、Windows上にテスト用のWEBサーバーを構築する方法を紹介した。この構築したサーバーにWindows PowerShellを使用してSSH接続を行い、Vimを使用したところVimのコメントの表示色が背景色と似た感じになりまったく読めなかった。このままではまともに使えないのでVimのカラースキームをカラーテーマを利用して変更してみた。

まとめ

Windows10にSSHクライアントが標準装備されたことにより、パワーシェルやコマンドプロンプトからSSH接続が簡単に行えるようになった。

余計なソフトを入れずに手軽にサーバー機へSSH接続できるのはやはりすごく便利だ。

まだ試していない方は、標準搭載のSSHクライアントでSSH接続を試してみてみよう。

レクタングル広告(大)広告
レクタングル広告(大)広告

シェアする

フォローする

おすすめ記事

レクタングル広告(大)広告