1GBまで無料!楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」は理想的な料金プラン

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」は理想的な料金プラン

2021年4月1日より、楽天モバイルは他社を圧倒する新プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」の提供を開始している。

「Rakuten UN-LIMIT VI」は段階性の料金プランとなっており、1GBまでのデータ通信はなんと無料で利用可能だ!

Rakuten Linkアプリ経由なら国内通話料が無料なので、インターネットをあまり使わない人であれば、携帯電話料金を無料で済ませることが出来てしまうという革新的なプランとなっている。

当記事では、楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」の特徴についてまとめているので、楽天モバイルへの申し込みを検討している人は参考にしてみてほしい。

楽天モバイルは2021年4月22日のプレスカンファレンスにて、iPhoneシリーズへの公式対応及びiPhone 12 シリーズとiPhone SE(第2世代)の公式販売を発表した。iPhoneの販売は、2021年4月23日21:00より予約注文を開始し、4月30日から販売を開始するという。

Rakuten UN-LIMIT VIの特徴

Rakuten Linkを使えば国内通話料無料!

「Rakuten UN-LIMIT VI」は、「Rakuten UN-LIMIT V」の時と同じく、Rakuten Linkアプリを使えば国内通話料無料で電話がかけ放題となる。

つまり、固定電話にも他業者の携帯電話にも無料でかけ放題なので、時間を気にすることなく通話する事が可能だ。

さらに、Rakuten Linkアプリから国内SMSも無料で利用することができる。

1GBまで無料という驚愕プラン

「Rakuten UN-LIMIT VI」では、データ通信が1GB未満の場合は、プラン基本使用料はなんと0円

通話がメインのお年寄りの方や、自宅Wi-Fiをメインに運用している方などデータ通信をほとんど使わないというは、通話は楽天Linkを利用する事で携帯電話料金を無料にすることが可能だ!

使った分だけ料金がかかる理想的な段階性プラン

料金プランの段階設定は4段階設定されており、以下の料金テーブルが適用される。

利用データ通信量 基本プラン利用料 備考
1GBまで 0円
  • 2回線目以降は0GB~3GBまで980円
  • 楽天回線エリアでは高速通信無制限
  • 国内パートナーエリアでは、5GB以降最大1Mbps
  • 海外は2GB以降最大128kbpsで使い放題
  • 5G通信も利用可能(5Gエリア+5G対応端末のみ)
1GB~3GBまで 980円(税込1,078円)
3GB~20GBまで 1,980円(税込2,178円)
20GB~無制限 2,980円(税込3,278円)

1GBまでは無料なので、うまくやりくりすれば携帯料金無料が実現可能。

1GBを超えても3GBまでなら980円(税込1,078円)で利用できる。さらにRakuten Linkで無料通話ができるので、他社より圧倒的にお得な料金体系になっている。

3GB~20GBまでは1,980円(税込2,178円)となり、多少データ通信を使うという人も大抵の人はここまでの料金で収まるのではないだろうか?

あとはデータ通信をかなり使うヘビーユーザ向け20GB以上は、2,980円(税込3,278円)という設定だ。

この料金体系は、ワンプランで全ての人を満足させる、多くの人が待ち望んでいた理想的な料金プランになっているのではないかと思う。

20GB以上はどれだけ使っても3,278円(税込)

データ通信を20GB以上使う場合、どれだけ使っても2980円(税込3,278円)までしか請求されない。

例えば、100GB分データ通信を使おうが請求されるのは2980円(税込3,278円)までとなる。

ただし、パートナー回線エリアを使用する場合、高速通信データ容量は月5GBまでなので、5GBを超過すると最大1Mbpsに通信速度が制限されてしまう点は注意が必要だ。

楽天回線エリアであれば20GB超えても基本は速度制限なしで使用する事が可能だ。

ただし、公平にサービスを提供するため通信速度の制御を行うことがあるとしているので、極端な使い方をしている場合は制限がかかる可能性もあるので注意して欲しい。

各種手数料等は無料

楽天モバイルなら、他社が有料で提供しているような以下の各種手数料も完全無料!

  • 5G通信(一部エリアのみ、順次拡大予定)無料 ※5G対応端末が必要
  • 契約事務手数料無料
  • SIM交換手数料無料
  • SIM再発行手数料無料
  • MNP転出手数料無料
  • 契約解除料無料

高速データ追加チャージ代は550円(パートナー回線エリア)

国内パートナー回線エリアで、5GBを超過すると最大1Mbpsに通信速度が制限されてしまうが、追加でデータチャージを行えば高速通信を復活させることができる。

データチャージは1GB/550円で追加することが可能。

店頭でも申込が可能なのでネットに不慣れなお年寄りも安心!

以下は、最近大手キャリアが発表した高速データ容量20GBに対応する料金プランだ。

  • docomo:ahamo
  • au:povo
  • SoftBank:Softbank on Line

このどれもが、ネット申し込みのみに対応しており、店舗での申込には対応していない。

一方、楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」では、店舗での申込にも対応しており、ネットに不慣れなお年寄りの方も安心して対面で申し込みすることが可能だ。

この点も他社とは違う大きな特徴の1つと言える。

2021年夏頃にメールアドレス提供予定

2021年夏ごろにキャリアメールが提供される予定だ。

今の時代、キャリアメールアドレスにそれほど需要があるとも思えないが、Gmailと使い分けたいという方には便利なのかもしれない。

1年無料キャンペーンは終了!現在は3ヶ月間無料!

楽天モバイルでは300万回線までは、1年間完全無料のキャンペーンを行ってきたが、2021年4月7日 23時59分にキャンペーンは終了した。

1年間無料キャンペーンは終了したが、楽天モバイルは新たに3ヶ月間無料キャンペーンを開始している。

2021年4月7日まで、プラン料金1年間無料キャンペーンを実施していた楽天モバイルだが、キャンペーン終了に伴い新たに「プラン料金3カ月無料キャンペーン」を2021年4月8日から開始している。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵの申し込みは4月1日から

「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」の新規契約は、2021年4月1日0:00より申し込みが開始される。

すでに、「Rakuten UN-LIMIT V」を契約している人は、4月1日より自動アップグレードされるので特に特別な手続きを行う必要はない。

また、1年間無料特典を受けている人は、期間満了まで特典適用となるので、Rakuten UN-LIMIT Ⅵに自動アップグレード後も無料特典期間が満了するまでは完全無料で利用する事が可能だ。

最後に

「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」発表以降、他社格安SIM業者も値下げプランを続々発表しており、まさに格安SIM戦国時代が到来している。

ユーザーにとってはより良い条件でスマホを利用できる環境になってきているので実にうれしい限りだ。

私は現在楽天モバイルをサブ回線用に契約しているが、サポート体制や楽天Linkアプリの不具合などを考慮するとメイン回線として利用するにはまだ時期尚早だと感じている。

この辺りについては、また別記事で取り上げたいが、現時点ではメインを他の格安SIM業者、サブで楽天モバイルという運用が今の所ベストだと思う。

サブで運用するなら非常に有用なので、サブ回線として申込むことをお勧めしたい。

2021年1月7日より、楽天モバイルは「Rakuten Hand」の実質無料キャンペーンを実施している。楽天回線ならデータ通信使い放題、楽天Linkアプリから電話も無料でかけ放題の「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」が1年間無料で使えるし、本体価格20,000円の「Rakuten Hand」を同時申し込みすれば24,999円相当のポイント還元
楽天モバイルが非常にお得な「最大25,000円ポイント還元キャンペーン」を実施中だ。Rakuten UN-LIMIT VI(SIM)の申込で誰でも5000ポイント、スマホ本体も一緒に購入すると最大20,000円ポイント還元で合わせて最大25,000ポイントの還元を受けることが可能だ。


楽天モバイル

レクタングル広告(大)広告
レクタングル広告(大)広告

シェアする

フォローする

おすすめ記事

レクタングル広告(大)広告